2020/02/15

使用済みの充電池の行き先

先日、施設で交換した大量の非常灯の使用済み充電池。

IMG_3319-horz.jpg

パッケージにリサイクルマークが印刷されてるニカド電池になります。

IMG_3072.jpg

PRI_20200206-191944.jpg

普段は店頭に置いたこちらの黄色い缶に詰めて、リサイクル工場に送るんですが、今回は量が多いのでリサイクルセンターに相談したら、大きなペール缶を2個準備してくれました。

PRI_20200206-192157.jpg

IMG_3272.jpg

充電池はリサイクルが出来る貴重な資源なんですね。資源の乏しい日本では積極的にリサイクルして欲しいものですね。今回、およそ20キロほどあったかな。

ちなみに家電リサイクルと違って、リサイクル料も送料までも無料なんですよ。手間はかかってもリチウムとか、ニッケルとか取り出せれば有価物ですもんね。
2020/02/14

非常灯の充電池交換 地味だけど重要なお仕事

天井に付いているダウンライトなんですが、実はこれは非常灯なんですよ。
火事とか災害時に停電になると、内蔵の充電池でお部屋を照らしてくれるという役目です。

IMG_3222B.jpg

地味な存在なんですがとても重要なんですよね。

でも普段は使わないだけにほったらかしになりがちかもしれません。中の充電池には寿命があるので定期的に取替が必要なんですけどね。

IMG_3225B.jpg

今回はそんなメンテナンスのお仕事の話し。

今回とある施設でたくさん取替させていただきました。

IMG_3319-horz.jpg

場所によっては足場を組み立てて交換したり、わりと大変なんですよ。

IMG_3227.jpg

取外した充電池はリサイクルマークがあるので、絶縁処理した後リサイクル工場に送るんですよ。続く
2020/02/13

消灯タイマー付き自動スイッチで足元を照らす

外玄関の石畳を夜、照らして欲しいというご相談がありました。
ご新築の時にはポール式の庭園灯があったのですが、老朽化して漏電したり、芝刈りや庭木の手入れの時に電源コードを傷めたり。この際、別の方法がないかなぁということでした。

今回ご採用いただいたのが、山田照明製の屋外用スポットライト。

PRI_20200204-164641.jpg

これなら、植え込みの中に突き刺すだけですし、照射方向の調整が簡単です。しかも、すぐ近くにスイッチに接続された防水コンセントもありました。

それだけでは、入り切りを自分でしないといけないので不便ですよね。そこで提案したのが住宅用消灯タイマー付EEスイッチという商品です。

既設の防水コンセントを取り替えるだけで工事も簡単です。

IMG_3318.jpg

明るさに反応して暗くなったら自動的に点灯します。さらに、点灯後は何時間後に消灯するかダイヤルで設定が出来るんですよ。

IMG_3317.jpg

LEDの消費電力はごくわずかですから、毎日暗くなったら自動的に点灯させても電気代はお安いですからね。

夕方暗くなってから、確認に行ってみました。

IMG_3332.jpg

なかなかイイ感じですよって、喜んでいただけてなによりでした。
2020/02/08

太陽光充電式ポールライト 庭園灯

夜間、玄関先の足元が暗いので何かいいものないですか?ということで充電式のポールライトをお買い上げいただきました。

PRI_20200204-170648.jpg

PRI_20200204-170708.jpg

日中太陽光で約8時間充電して、暗くなると自動的に約7時間点灯するんですよ。ポールの本体は粉砕した石を練りこんだ樹脂で出来てて思ったよりも質感も高いです。

IMG_3277.jpg

天面がソーラーパネル。

IMG_3278.jpg

内部には単三型ニッケル水素電池が2本、LEDが1個。おそろしくシンプルな構造ですね。

IMG_3279.jpg

やや気になるのが、どうみても屋外用なのに防水加工ではありませんの表示。まあ、電池式なんで漏電しても心配ないですけどね。

あと、充放電回数が約150回って表示、これって単純計算で5か月ですよね。

お客様にも、くどいほど、
「有名メーカー製ではないので商品はそれなりですよ。」
「長期間お使いいただくような商品じゃないですよ」
「修理はききませんよ」と念押ししてます。

さて、気になる明るさですが、閉店後に点灯試験してみました。

IMG_3281.jpg

それなりに明るいようですね。

2020/01/25

水銀灯のLED化 安定器取外してランプ交換

100Wの水銀灯が点灯しなくなって点検すると、ポールの内部にある水銀灯安定器が故障してました。二次電圧が無負荷で100Vしか出てない。

IMG_3015.jpg

PCBは入っていないという表示があってひとまず安心。万が一PCBが入ってたら処分するのに莫大な費用が発生しますからね。

IMG_3016.jpg

水銀灯をLED化する場合はたくさんのポイントがあります。
口金のサイズ?
屋外用かどうか?
電源装置は内蔵か、別置きか?
明るさは、色合いは、配光は、点灯方向はどうか?
信頼のおけるメーカー製か?

普通のLED電球ならそれこそ数百円から買えますがほとんどが屋内用なんです。水銀灯からの置き換えとうたっている商品でも海外メーカーの怪しい商品がとても多いです。

今回採用したのがこちら、コーンライトって言うんですね、

IMG_3162.jpg

確かにトウモロコシに似てますね。