2019/09/11

和室の照明器具取替には便利な竿縁天井アダプターがあります

和室の照明器具取替でコードペンダントから直付シーリングライトに交換する場合には便利な竿縁天井アダプターがあります。

和室に付いている照明器具ってたいていはコードペンダント式が多いのですが、LEDにリニューアルするときには天井にピタッと付く直付けを提案することが多いですね。

地震で揺れない、傘にホコリがたまらない、天井が広く感じるとかいろいろな利点があります。ただ、竿縁天井の場合にはちょっと困ったことに、直付けにするとグラグラして安定感に欠けるんですよ。

写真ACさんでもらった参考写真がこちら、こんなのが竿縁天井です。

0dc65c2bc8e87f3e3c41a9a408fcb6a9_s (1)

でもご安心ください、ちゃんとそんな時にオプションがあるんですよ、竿縁天井アダプター。

IMG_1068.jpg

ちょっとしたアイデア商品で、竿の高さに柔軟に対応する構造になってて、しっかり安定感良く照明器具が固定出来ますよ。

IMG_1069.jpg

IMG_1070.jpg

IMG_1071.jpg

今回取外した照明器具がこちら、消費電力が半分になって劇的に明るくなりましたね。

IMG_1072.jpg

当店でお買い上げありがとうございました。
2019/08/27

PCB使用安定器調査依頼が多くなりました

愛媛県から「PCB使用安定器掘り起こしアンケート調査票」っていうのが対象と思われる事業者様に一斉に送られたもんだから電気店にはその問い合わせが殺到してます。

夏場の繁忙期に困ったもんです。
調査の必要性はよく分かるんですが、なにも一年で一番忙しいこの時期に一斉に送らなくてもいいのにね。また調査の内容が専門的すぎて一般の消費者の方には理解が難しいのも困ったもんです。

img20190826_17372912.jpg

img20190826_17381639.jpg

img20190826_17385839.jpg

極力お電話で聞き取り調査して、どうしても分からない場合だけ出張点検対応してます。

IMG_0851.jpg

IMG_0852.jpg

一番のポイントは昭和32年から昭和47年に製造された照明器具かどうか。これ以外の製造期間にはPCBは不使用です。

次に、グロースターター式の照明器具はPCBは不使用です。アンケートでは「低力率」と表現されてますが要は点灯管(グロー球)が付いていれば対象外です。

なので20Wの蛍光灯器具ではまず対象外と考えていいでしょう。また、40Wの蛍光灯器具でも1本のものはまず対象外。

過去にPCB使用例が当店のお客様であったのは40Wの蛍光灯が2本で点灯管(グロー球)の付いてない「ラピッドスタート式」になります。

不安な場合は安定器の銘板で判断することになります。PCBと文字が入っていてもよく見ると「PCB不使用」となってるはずです。

IMG_0853.jpg

昔はPCB入り安定器から絶縁油が机や床面に滴り落ちるなんてことが結構あったんですよ。今、考えればとんでもないことですけどね。
2019/08/01

ビルのオーナー様 防災照明の点検してますか?

緑色の人が走るマークの付いた誘導灯は消防法令で、停電時にライトが点く非常灯は建築基準法令でオーナー様による維持管理が義務付けられています。

img20190716_19453644.jpg

普段は地味な照明器具ですがいざ重大事があったときに作動しないとエライことになりますからね。

今回特に話題にするのは停電時に点灯する非常灯です。

中にはニカド充電池が入ってまして常時充電してます。停電になると電池でライトを付けてくれる照明なんです。充電池には寿命があるのに取替えないでそのまま放置している事例のなんと多いことでしょう。

充電池の寿命は4~6年と言われてますが今回取替をさせていただいたビルでは実に築20年以上。完全に充電池は過充電のために劣化して全く動作しない状況でした。

今後予想される南海地震。夜間停電になって真っ暗で避難に困らないように日頃から備えておかないとね。せっかくの設備が宝の持ち腐れになりかねませんね。

img20190716_19462094.jpg

それで、年数の経過した非常灯の対応ですが、
①メーカー純正の充電池に取替える
②電池メーカー製の代替電池に取替える
③器具ごと取替える
の3案あります。照明器具自体にも寿命があることを考えると③番の器具ごと取替えるのがベストですね。

IMG_0566.jpg

ところで取外した充電池はすべてリサイクル工場に送ります。一般社団法人JBRCという団体が担当してるんですが、現在、1等10万円の旅行券をはじめ、賞品総額100万円が当たるキャンペーンやってますよ。だれでも応募出来るので運試しして下さいね。
こちら
https://www.jbrc-mob.com/campaign/pc/form.php
2019/07/13

蛍光灯ランプの販売終了に備えて備蓄

市場で大量に使われている蛍光灯ランプの販売が終了すると聞いて年末までにはある程度在庫を確保しとかなきゃいけないと思ってました。

いつもの電材屋さんに発注をかけると軒並み在庫がなくなってまして驚きました。実は販売終了はまだ先でも生産終了するのはもっと前倒しだったんですね。

在庫が無くなった時点で早く販売終了になるとは認識不足でした。

あわてて、500本ほど仕入れました。
これでとりあえず1年はなんとかなりそうですが、問題はその先なんですよね。

e992483c6cbbe920a4bdcd28854d8a65_s.jpg

LED器具に取替えるといっても莫大な台数を一気に対応出来ませんし、ランプだけをLEDランプに置換えるとしても配線組替が必要だったり、どの点灯方式にどのタイプのLEDランプが適合するのかなんて器具ごとに判断するのは時間のかかる作業ですからね。

もっと大量に蛍光灯を仕入れておく案もリスクがあります。最終的に売れ残った蛍光灯の産業廃棄物処理費用が怖いです。中の水銀を適切に処理するのには多大なコストがかかりますからね。

東芝ライテックはすでに直管蛍光灯ランプの生産は完了してましたね。

日立アプライアンスの場合は
生産終了 2019年12月末
販売終了 2020年3月末

三菱電機の場合
直管形、普通形蛍光ランプ 生産終了 2019年3月
3波長型蛍光ランプ 生産終了 2021年3月

パナソニックはメンテナンス用の蛍光ランプの製造は継続との発表ですが、特殊なランプからどんどん生産を完了してきてます。
この3月には既に蛍光灯照明器具の生産は終了してますしね。
2019/06/26

コピー機のスイッチが入ると照明器具がチカチカする

とある会社様から「最近コピー機を入れ替えたんだけどそれ以来、天井の照明器具がチカチカするのでなんとかなりませんか?」とお問い合わせがありました。

お伺いするとリコー製のコピーやプリンター、ファクスが1台で出来る大型の複合機をお使いでした。

複合機が静止状態の時はスリープしてますので問題ないのですが、いざ可動を始めた瞬間に照明器具がチカチカすることが分かりました。

分電盤のブレーカー端子の緩みもかもしれないと思いましたが、数年前に分電盤は新品にリニューアルしてましたので問題ありませんでした。

IMG_0294.jpg

デジタルテスターで測定しながら動画撮影してみることにしました。スリープ時は105Vだったのが一瞬95.8Vにドロップしてることが分かりました。9V以上も下がるなんてね。チカチカするのはこの瞬間的な電圧降下が原因と思われました。
こんなときは動画で撮ると後で分かりやすいですね。

IMG_0303-horz.jpg

それで対策なんですが、問題のある照明器具は40W2灯富士型の点灯管低力率タイプでした。持参した点灯管対応の直管型LEDランプに交換してみました。チカチカしなくなりましたね。

IMG_0346.jpg

これはLEDランプが交流を直流に変換しているのと、電圧の許容範囲にゆとりがあるからだと思います。

ちなみに、同じフロアのHfインバーター点灯タイプの富士型照明器具ではチカチカしてなかったので点灯管式の低力率の器具で起きやすいようですね。

ちょうどこの際、蛍光灯からLEDランプにリニューアルする良い機会になりましたね。
当店でお買上げありがとうございました。