2020/07/03

うれしい差し入れ 大吟醸

修理で訪れたらお客様が、「暑い中大変だね、これでも飲みな」ってこんなものを下さりました。

IMG_4507745748.jpg

IMG_45077474

ついでにエアコンのご注文も下さって、ほんとにありがたい限りですね。

作業が終わって外で跡片付けしてたら、お隣の方が出てこられてエアコン取付て欲しいんだけど、2台あるけどお願い出来ますかって・・・

家族に話したら、「まるでわらしべ長者みたいね」って。(笑)

余談ですが、アベノマスクなんて揶揄された最近の政策もありますが、10万円給付だけはものすごい経済効果ですね。予算10万円でパソコンとか、エアコンとか、温水洗浄便座だったり、扇風機だったり。いろいろ売れてます。速攻性のある経済政策だと思います。
 
先日も電気屋仲間と話してると同じ事が話題になりまして、なんか最近忙しいってことで一致したんですがどうも10万円効果も影響しているみたいです。

2020/06/30

激安のお店でびっくりした話し テレビ編

激安で有名なお店で家電製品を見てきました、ほんとに安くてびっくり。
本日はテレビ編。

パナソニックのロゴの下に飾ってある液晶テレビ。50型39,800円税別だって。超安いですね。東芝製のボード搭載とある。こちらのテレビはお店独自のプライベートブランドでした。

IMG_4648765.jpg

IMG_4648456.jpg

次のテレビも50型だけどなんと4K内蔵で49,800円税別だって!メーカーはORION。日本のメーカーです。

昔、オリオン電機ってあったんだけど事業停止して、一部事業を引き継いだのが株式会社ドウシシャという会社でその100%子会社になったのが現在のオリオン株式会社みたいです。福井県に本社があるんですね。

従業員が37名とウィキペディアにあるのでかなり少数精鋭なんですね。

値札によると55型の4K内蔵タイプが54,800円税別、60型4K内蔵タイプが79,800円税別。どれも魅力的なお値段ですね。

設定画面がたまたま表示されてましたけど、言語が中国語になってました。おそらく言語は選べて中国にも輸出してるのかもしれませんね。

IMG_4649345.jpg

次が39型29,800円税別。帰宅して型式を調べるとアマゾンさんで20,900円で販売されてるじゃないですか!上には上があるもんですね。メーカーはGrandLineとあるんですが、検索しても出てこない…

IMG_4650567.jpg

次が32型が19,800円税別。こちらもアマゾンさんで16,164円税別で販売されてますね。メーカーはTEES。日本の会社ですけど、従業員13名でした。こちらの会社も少数精鋭ですね。大手が価格で太刀打ちできるはずがないですよね。

IMG_4651003.jpg

店頭に展示されている商品を見てると、例え激安であってもある程度の性能は担保されてるんでしょうね。テレビを昔から製造販売してるメーカーは軒並み赤字で事業の存続が危ぶまれてますけど、普通のテレビを作ってたら価格競争で勝負にならないんだと感じました。
2020/06/29

激安のお店でびっくりした話し エアコン編

激安で有名なお店で家電製品を見てきました、ほんとに安くてびっくり。

まずエアコン。ブランド名がチラリと「Hi」だけ見えて、解凍洗浄?らしい文字が見えて日立製と早合点したら、よく見るとハイセンスというメーカーのエアコンでした。

それにしても6畳用ズバリ29,800円税別はお安いですね。

IMG_4646556.jpg

面白かったのが、「ご自分で設置するのが不安な方の為に安心の取付サービス承ります!」って表示でしたね。なかなかユニーク。

IMG_4647457.jpg

ちなみにハイセンスさんは中国のメーカーですが、ちょっと前に東芝映像ソリューション社の親会社になってます。けっこう液晶テレビでは有名になりました。

自社でエアコンのインバーター技術も持ってて、エアコンは日本向け専用に設計・開発・製造・サポートしてるそうですよ。しかも、熱交換器の冷凍洗浄機能は国内では日立が有名ですけど、ハイセンスはそれよりも先に中国国内でこの機能を取り入れたエアコンを発売してるんだって。

エアコン内部の主要部品は日本製だったり、室外機の鋼板は錆にくい日本製だったり、さすがグローバルに展開するメーカーだけのことがありますね。

あとはメーカーの知名度と販売網、サービス網が充実すれば言うことないかな。

2020/06/23

マツダCX-3 ホンダフィットクロスター乗り比べ フィットクロスター編

続いて、ホンダの新型フィット(フィット4)のお話し。
今回は
ベーシック
ホーム
ネス
クロスター
リュクス
と生活スタイルに合わせた商品展開となりましたね。共通するテーマは「心地よさ」

試乗させていただいたのがSUVぽいクロスターのハイブリッドモデル。

IMG_4570357.jpg

1.5リッターのエンジンと発電用と走行用の2種類のモーターを搭載する新型のハイブリッド。エンジンは主に発電に使って通常走行はモーター駆動、モーター駆動の苦手な高速道路などではエンジンが自動的に直結駆動してくれるという、電動とエンジンのイイとこ取りした感じですね。

IMG_4568951.jpg

よくまあこのコンパクトな車体の中に詰め込めたもんだと感心しますね。また、ホンダ独特のセンタータンクレイアウト(助手席と運転席の下に燃料タンクを配置)なのでこのクラスでは驚異的な広さの車内空間を実現してます。

IMG_4566645.jpg

平面になったダッシュボードと極細のAピラーで抜群の視界。インパネ周りの柔らかい質感の素材使いといい液晶の視認性の良いパネルが近未来的ですね。

IMG_4572741.jpg

シートも新開発だそうで、座り心地も最高。視界の良さと相まって運転しやすさ、心地よさが素晴らしい。

静かな車内、スムーズな加速、街乗りでもリッター20キロを超えるらしい抜群の燃費。電子パーキングブレーキ、オートホールド付き。全車速追従クルーズコントロールや最新のホンダセンシングも装備されて抜かりなし。

カーナビは3タイプあるうちの一番大型の9インチが付いてましたが、高画質で見やすくていいですね。ダッシュボードよりも下に画面が収まって視界の邪魔にならない配慮がいいです。

ただ、ガソリンモデルよりも100キロ重たくなったためか走り出しにややどっしり感があります。モーターのトルクがあるし低重心という意味ではいいと思いますけど。デザインについては好き好きかな。スポーティな感じではないです。あとフィットはホンダの中で一番台数が多いので、人と違うものを乗りたい方には向ていないかな。

最大の問題点はお値段。今回試乗したフィットクロスターで300万円超え。実際に購入するとなるとガラスコーティングやメンテパックも入るだろうから、コンパクトカーとしてはなかなかの買い物になりそうですね。

ハイブリッド以外にも1.3リットルのガソリンモデルもあるんですが、販売の7割はハイブリッドだそうですよ。
2020/06/22

マツダCX-3 ホンダフィットクロスター乗り比べ CX-3編

マツダから小型SUVのCX-3、1.5リッターガソリンモデルが出ましたね。試乗に行って来ました。試乗したのはツーリングモデル。上質の内装と優美なスタイリングでなかなかカッコいい車です。

IMG_4553729.jpg

元々、1.5リッターのディーゼルエンジンタイプのみという設定だったのですが、その後2リッターガソリンモデルと1.8リッターに変更されたディーゼルモデルになりました。

IMG_4565559.jpg

ご存じの方も多いと思いますが、後席が狭い、荷室が狭い、値段が高いってことで売れ行きはもう一つ。今回、マツダ2(デミオ)、マツダ3で定評のある1.5リッターエンジンの投入は英断だと思います。

IMG_4563223.jpg

一気に売価が下がりますもんね。

一般的に試乗というと助手席に営業の方が同乗するのが多いと思いますが、こちらのお店はお客様だけでご自由に試乗下さいとのことでした。

数時間乗るのも良し、自宅に戻って実際に駐車してみたり、家族に見せたりして下さってもいいですよとのことでした。これはありがたいご配慮だと思いますね。

坂道を走ってみたり、ちょっとスーパーの駐車場に止めたりと20分ほどお借りしました。

CVTじゃなくて6速のオートマ。スムーズな出だしと加速でCVTよりも好印象ですね。ただし、6速じゃなくて7速あった方がさらにいいかもしれませんね。

かなり室内は静粛性が高いです。坂道でアクセルを踏むとそれなりにエンジンの音が聞こえますがスムーズな加速で、一人乗車ではまったくパワー不足はないですね。すばらしいエンジンだと思います。乗っててすごく気持ちがいい。

街乗りが多いユーザーなら1.5リッターのガソリンモデルがベストチョイスかもしれません。

IMG_4560337.jpg

IMG_4559094.jpg

試乗車の走行距離は約500キロで平均燃費が14.5キロでした。まずまず許容範囲かな。

7インチではありますが、液晶モニターは標準装備。マツダコネクトの操作性はタッチパネルでも手元のコントローラーでも一部の機能はハンドルのボタンでもできますね。スマホの音楽を流してみると、オーディオもなかなか素晴らしい音質。6個のスピーカーが標準装備なんですね。

バックモニターの画質はやや粗いのと歪みが気になったんですがこれも標準装備、車線逸脱警報が敏感すぎたかな。後で営業の方にお聞きするとセンサーの感度調整やこの機能を鳴らさないようにも設定出来るそうですけどね。

シートの座り心地もいいし、内装もシックで上質感があって好ましい、走る楽しさが感じられる、最大の魅力は車体のデザインですね。

最後にお値段ですが、試乗した車がおよそ230万円から250万円の間位の納車価格だそうです。

1.5リッターのガソリンエンジン採用で一気にコストパフォーマンスが高くなりましたね。クルーズコントロールなないけど、電子パーキングブレーキとオートホールドも付いてるしね。

前席のアームレストは標準装備でドリンクホルダー付き

IMG_4562993.jpg


後席のセンターアームレストもドリンクホルダー付き

IMG_4555093.jpg

高さ調整できる荷室。浅くすると狭いけど取り出しやすい。

IMG_4556374.jpg

深くすると広いけど重い荷物の取り出しはやや大変です。

IMG_4558124.jpg